暮れ行く上高地


上高地に 夕闇が迫る
上空の雲が 茜に染まる
穂高連峰の稜線も間もなく陰の中
ホテルの灯りが輝きを増す頃だ
                       河童橋にて Nikon F100 (ポジフィルム)
スポンサーサイト



白い朝


未明、河童橋付近のホテルから
月明かりの残る中、ここまでやってきた
夜明けの湿原は 一面真っ白だ!
穂高の山々には 既に日が差している
この湿原の霜も 間もなく融けるだろう
                           田代湿原にて Nikon F100 (ポジフィルム)

水面に穂高連峰を映して

Image10 上高地田代湿原ab_convert_20201004095830 (1)
上高地も秋彩
夏、高山植物が咲き競った湿原
草紅葉が湿原を染める
池塘は 穂高連峰を映す
田代湿原に 秋の静けさが漂う
                      田代湿原にて Nikon F100 (ポジフィルム)

上高地にて・・・


上高地まで下りてきた
来し方を振り返る
満足感に心が満たされる・・・

一番奥の雪をかぶった山並みが穂高連峰
右から、前穂高岳(右から4番目のピーク)、吊尾根、奥穂高岳、
ジャンダルム、西穂高岳へと連なる
雪渓のある沢が岳沢、前穂高岳からの下山ルート(重太郎新道)がある 
手前の水面は大正池
大正時代、焼岳の噴火により梓川がせき止められできた
(この写真は、10月に撮影したもの)

                        上高地大正池畔にて(ポジフィルム)  

上高地は永遠だ・・・

S570505_convert_20200605152210.jpg
古い写真が出てきた
40年以上も前のものだろう
5月の連休のころのものと記憶している

徳沢へ通じる遊歩道は今ほど整備されていなく、
斜面から崩れ落ちた土石流の跡が沢となり、水が遊歩道を乗り越え、
梓川へ注いでいるようなところが何か所かあったようにも覚えている
今回の記録的な大雨による被害はあったのだろうか・・・

上高地は、観光地として、山岳リゾート地として有名だが、当時は今ほどの賑わいはなく、
登山やキャンプを楽しむ若者たちの溜り場だった

私にとっても、特別な場所だ
この地に足を踏み入れると、
北アルプス入山時は期待に胸が膨らみ、下山時は充実感と安ど感に満たされる
それは、当時も今も変わらない

毎年登山シーズンがやってくると、上高地は私を北アルプスへと誘う
そして、これからもそうであろう
上高地は私にとって永遠である

それにしてもこの写真の出来栄えは歴史を感じさせる
                          河童橋付近にて:NIKON フィルムカメラ(ポジフィルム)

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR