雨霧は 流れて

雨後、雨霧が流れる
幽かに 幽かに・・・
穂高の稜線が 見え また隠れる・・・
                     (穂高 涸沢ヒュッテ前にて:ポジフィルム)
スポンサーサイト



みどり 映えて

おかしなタイトルだが・・・
緑が目に染む ハイマツだろうか
まさに 赤 黄 緑が織りなす錦だ・・・
                     (穂高 涸沢上部にて:ポジフィルム)

涸沢 秋彩

Image5 ナナカマド燃ゆる_convert_20211003155138涸沢は日本一の山岳紅葉を誇るという
ナナカマドの色づきが日に日に進む
この日は まだ2.3日早かったかもしれない・・・
                     (穂高 涸沢ヒュッテ前にて:ポジフィルム)

圏谷に咲く

涸沢のお花畑 多様な高山植物に交じって クルマユリも群生する
そのうちの一株を選び ある程度生育環境も分かるように撮影してみた
(背景の岩峰は 穂高連峰涸沢岳(3110m))

                             (涸沢カールにて:ポジフィルム)

圏谷のお花畑 夏

涸沢岳と夏のお花畑-1-2a単一の花が群生するお花畑もいいが
種々雑多な高山植物が混生するお花畑が好きだ
                    (涸沢カールにて:Nikon FE2 エクタクローム)
氷河圏谷涸沢は標高2300m、幅2㎞。周囲を半円状に3000m級の穂高の山々に囲まれている。奥穂高岳との標高差は800mあまり。がれ場だけでなく、カールの底には広大な草原も広がり様々な高山植物が咲き誇る。画面正面の岩峰は唐沢岳(3100m)。画面左は奥穂高岳へ、右は北穂高岳(3090m)へ連なる。姿かたちが良く涸沢のシンボル的風景を形作っている。

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR