尖峰 天を衝く

       再び、笠ヶ岳稜線からの投稿へ戻ります       孤高の尖峰 槍ヶ岳
       雲を突き抜け なお 天を衝く
                      (笠ヶ岳への稜線にて:ポジフィルム)
スポンサーサイト



朝の稜線を行く

(前々回の続きです)  笠ヶ岳への稜線は槍・穂高連峰を左側に眺め、足元はお花畑や雪渓、時折雷鳥にも遭遇する。今日は、天空の稜線漫歩である。
(左の山脈は穂高連峰、槍ヶ岳はさらに左側に連なる。またこの雪渓の残雪は年によって大きく異なる。花はハクサンイチゲとシナノキンバイ。穂高に懸る光芒をもう少し出せれば・・・)。
                          (弓折れ岳山頂付近にて:ポジフィルム)

稜線の花畑

キバナシャクナゲ咲く aいよいよ稜線の花畑の中をゆく
振り返ると、これまで通ってきた双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳が遠く、懐かしい
黄色はキバナシャクナゲ、赤はコイワカガミ
(花の時季は過ぎましたが、あと1.2回アップしたいと思います)
                       (弓折れ岳 花見平にて:ポジフィルム)

爽朝の稜線にて

朝霧晴れて(全全全回双六平の続き)
早朝の稜線へ出た
爽やかだ・・・
ピンと張ったような空気感がたまらない
                    (弓折れ岳稜線にて:ポジフィルム)
(中央左、茶色の山は焼岳、その奥は乗鞍岳、最奥は御嶽山?)

ライチョウとの遭遇

_convert_20200907101752.jpg
_convert_20200906143954.jpg
弓折れ岳稜線でライチョウとの出会いはそう珍しいことではない

ザックを置き、休息していると、
突然ライチョウの親子連れが現れた 私のすぐ隣に・・・
こんなに近くでの遭遇は珍しい
慌ててカメラを向けると、母親は翼を広げ、右に左に動き回った
威嚇しているつもりなのだろう・・・
・・・・・
雛たちがハイマツの中へ消えると
母親もまた茂みの中へ消えた
(下のカットは、カメラを向けたとき親鳥が近くの岩へ飛び移ったときのもの)
                      弓折れ岳稜線にて(ポジフィルム)

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR