いつものプロムナード

特別な画像ではありません。スナップ写真です。先日雪が降った翌朝、いつものプロムナードを歩いてみました。ここは1年を通しとても心地よい遊歩道です。春は桜のトンネル、夏は日陰、秋は紅葉と落ち葉、冬は明るい陽射し・・・。いつもお世話になっています。以上、いつもの遊歩道の紹介でした。
                            (いつもの散歩道にて)
スポンサーサイト



富士山が消える?

↑見えにくくなった富士山。
さらに数分経過すると、ピンクのベルトが富士山に重なるようになる。そのとき空も少しずつ明るくなっている。ベルトの色も微妙に変化しているため富士山が背景に溶け込むようになり目立たなくなるのだろう(ほんの1~2分の間)
DSC_2267_convert_20220112150058.jpg富士山に陽が射し始めるとその姿が再びはっきり見えるようになる。ピンクの下にあった青黒い層(地球の影の部分)はすっかり沈みこんでしまっている。さて、元日の朝の富士山を撮るタイミングは・・・?
以上、自由研究でした(笑)・・・

ビーナスベルトの不思議

昨年暮れ、元旦の朝の富士山を撮りたいと数日前から眺めていた。ビーナスベルトが見えるうちに富士山を・・・。ところが日の出頃に富士山が見えにくくなることに気づいた。なぜ・・・?
そこで、1分間隔くらいの間をおいて10枚ほど写真を撮ってみた。不思議でも何でもない。ビーナスベルトはその場で時間の経過とともに消えてしまうのではなく動いているのだ・・・。夕日が西の空に沈むように・・・DSC_2259_convert_20220112100547.jpgもう少し西から北方面の撮影ならビーナスベルトがくっきり見えるのだが、富士山を入れたかったためにこの画像を選んだ。
1枚目の画像は空が2層(ピンクとその下の青っぽい層)になっているが、2枚目の空は3層、ピンクの上にいつもの空が写っている。ピンクの層と富士山の距離を比べてみると2枚目の方が狭い。つまり太陽の高度が上がるにつれて、ビーナスベルトが西の空に沈みこんでいるのだ。  ※次回へ続く

夜空の賑わい

夜空の落書き昨年12月11日撮影。このところ夜空がきれいなので長時間露光(比較明合成)を試みた。
星の光跡だけでなく飛行機とみられるものが右に左に動いている。また流星だろうか・・・。昼には想像できない光景。興味深い。
後日、快晴の青空に一筋の飛行機雲がこの画像のように富士山方面へ伸びていった。
                         (いつもの散歩道にて)

光芒

12月26日撮影。光芒が滝のように見えた。太陽を入れて撮ると少し印象が違ったのだが・・・
                             (いつもの散歩道にて)

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR