目線を変えて

DSC_2664ab_convert_20200522095911.jpg
時間をずらして
上から・・・下から・・・
左へ・・・右へ・・・
目線を変えて 
ファインダーを覗く
どっちがいいだろう・・・?
帰宅して、パソコンの画面を覗く
どっちがいいだろう・・・?
また迷う
だから、写真撮影は面白い         (大江湿原にて:NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-70 f2.8G ED)


このカットは、4月17日のブログ「朝焼けの大江湿原」と同じ場所、同じ時間帯に撮ったもの。
どちらも特別に良い出来栄えとは言えない(例示のためだけに載せたもの)が、タイミングを少しずらすだけで、アングルすこし変えるだけで、ポジションを少し変えるだけで結果は大きく違ってくる。
シャッターを切る度に、迷い、悩む、そして結果を見る。これこそが写真撮影の醍醐味だと思う・・・。
スポンサーサイト



樺の木は春の装い

DSC_7880_convert_20200524104550.jpg
樺の木は春の装い
葉はまだ緑ではない
澄んだ青空に萌黄色が映える
まもなくこの湿原も春景色・・・
                     (山の鼻自然園にて:NIKON D610 AF-S 24-120 f/4G ED VR)
土壌に栄養分の少ない湿原では、樹木は育ちにくい。拠水林を除けば樺の木は草原の中に単独で立ち上がっていることが多い。それだけによく目立つ。
ひょろひょろとした樹形がおもしろく、写真撮影では添景としての利用価値が大きいと思っている。

早起きのご褒美

DSC_7803.jpg
早朝の湿原を歩いた
陽光はまだない
霜の降りた木道に足元が心許ない
あっ!霧氷だ!
水芭蕉の季節だというのに・・・
これぞ早起きのご褒美だ・・・
(葉の端に水玉のようなものが付いている。陽が差した時の輝き具合を見たいものだ・・・)

金星も糸を引いて・・・

Image7 a
今宵は、久しぶりの快晴
雲一つない
西北西の空に金星が輝く
高層ビルのイルミネーションも負けてはいない
そうだ! コラボでズーミングしてみよう・・・
露光時間は30秒で・・・?

金星が、糸を引いて高層ビルに落ちていく・・・⁉
イルミネーションの紫色もいい!
想像を超えた光景だ!
またトライしてみよう・・・       
                       (NIKON D800E AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
宵の明星が見られるのは今月いっぱい。次に宵の明星が見られるのは、1年ぐらい先になるという。
望遠レンズ使用のため、15秒くらいの露光で金星が流れていることが分かる。

湿原爽やか

7_convert_20200519152259.jpg
真っ青な空
真っ白い雲
見慣れない形の雲が大空を掃く
どういうときにできる雲なのだろう・・・?
きょうは、目線が自然に空を向く・・・
ほんとうに爽やかだ・・・        

               中田代にて(銀塩写真:NIKON FE2 AF-S NIKKOR 28-70mm f/2.8D フジ ヴェルビア)

至仏山山頂付近に形の良い雲が浮いているのを見かけることが多い。
でも、この日は違った。
爽やかな感じがしたので、雲を意識してシャッターを切った。

さあ 行こう‼


早朝、山小屋を出る
濃霧が湿原を覆い、視界が悪い・・・
遠く、山影が幽かにのぞくばかりだ
遅霜を被った木道も霧のかなたに消える
 ・・・・・・・
だいじょうぶ、朝霧は晴天の証しだ
消えゆく朝霧が織りなすドラマとともに
私の一日も始まる
さあ 行こう‼
カメラを携えて・・・           (中田代にて:NIKON D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

バラが咲いた


バラが咲いた・・・
綺麗だ!
花弁が水を掬っている様でおもしろい
赤のような…、ピンクのような…色もいい
さて、どう撮ろうか・・・?
取り敢えずシャッターを切る
花弁から水が零れ落ちる前に・・・
                       (NIKON 1+FT1+MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G ED VR)

蕾に想いを寄せて

DSC_7561a_convert_20200510093322.jpg
雨が降ってきた
バラの蕾に雨滴が伝う
雨上がり、清らな空気で深呼吸
美しい花を開くに違いない
蕾の裂け目に期待が膨らむ ・・・
                      ( NIKON 1 V3 FT1+AF-S MICRO NIKKOR 105mm f/2.8G VR)   

バラの撮影に初挑戦。どのように撮ったらいいのか分からない・・・⁉
とにかくカメラを向けて見た・・・
先ずは、蕾から・・・ 

コロナウイルスカ禍、三密を防ぐため、いくつかの花の名所で、草花の蕾を切り落としたという便りがあった。
関係者はさぞ無念だろう・・・

落雷、闇夜を引き裂く

DSC_5178b_convert_20200510111252.jpg
稲妻が迫ってくる
電光に映えて、高層ビルが明滅する
閃光が闇夜を走る
雷鳴が耳を劈く・・・

雷雨の中、カメラを構える
長秒時露光でやってみよう・・・
               (NIKON D800E AF-S NIKKOR 17-35mm f2.8G)

青天の霹靂か? 数日前の天気。朝は快晴、夜には雷雨が・・・。
マニュアル、30秒露光。                                                                                           

水芭蕉と景鶴山


水芭蕉が群生している!
ここは竜宮十字路付近。
シカの食害や霜焼けにより苞が赤茶けるなど、良い状態の水芭蕉に遭遇できるのは稀だ。
運がよかったのかもしれない・・・。
景鶴山は、燧ケ岳、至仏山とともに尾瀬では登頂したい山。
先日、TVの「グレートトラバース」という番組で、登山規制されていると報じていた。
今はどうなっているのだろう・・・。
                               (中田代にて:NIKON D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR