昨夜の雨で?

DSC_1825ab_convert_20200621113330.jpg
ハスの花が咲いている
透けて見えそうな花弁がなんとも清らかで美しい
あっ! ひとひら落ちている
昨夜の強い雨に打たれたのだろうか・・・
葉も、宝石のような水を湛えている
                   (NIKON D800E AF-S NIKKOR 17-35mm f/2.8D ED)



スポンサーサイト



綿毛ゆれる湿原

Image3_convert_20200528155802.jpg
ワタスゲが花後の茎を大きく伸ばしている
高さは、木道の上を歩く私の膝位にも・・・
真っ白な綿毛がそよ風に揺れる
青空を背景に揺らぐ様は何とも趣がある
至仏山の残雪もいつの間にか消えている
間もなく夏がやってくる
                             (中田代にて:NIKON F6 AF-S NIKKOR 27-70mm f/2.8 ED フジ ヴェルビア)

レンゲツツジ咲く

p0017a_convert_20200528161754.jpg
水芭蕉のシーズンが終わった
茶褐色の湿原に緑が戻ってきた
もう初夏だ・・・
レンゲツツジの濃い朱色が際立つ
木道沿いに、拠水林の中に、遠く林の際に・・・
点々と、点々と・・・                                        (上田代にて:NIKON F100 フジ ヴェルビア100 )

つゆの晴れ間に

Image1_convert_20200528155726.jpg
つゆの晴れ間
湿原はますます緑を濃くしている
先日まで茶褐色の湿原を走っていた木道も
緑の草原の中を行く
ワタスゲが風に揺れる
レンゲツツジの赤が印象的だ
まもなく夏がやってくる              
                  (竜宮十字路付近にて:NIKON F6 AF-S 28-70mm f/2.8 ED フジ ヴェルビア)

花穂揺れる湿原


水芭蕉が終わると
ワタスゲが湿原全体を支配する
茶褐色の湿原はもう何処にもない
湿原は真っ白な綿毛の海
朝露に濡れ、逆光に輝く様は清らかでなんとも美しい
風に揺れる花穂の景もまた風情がある          
                               (中田代にて: NIKON F100 フジ ヴェルビア)

斜光を浴びて

朝霧の自然園
朝霧が動き、刻一刻変化し、視界が開けていく様は
舞台の幕が開いていくようにも見える・・・

やがて、朝陽の斜光を浴び
水芭蕉たちの大合唱が始まった・・・
                             山の鼻自然研究園にて ( 銀塩写真:NIKON  フジ ネガフィルム)

この一枚は、私の手元に残っている尾瀬の写真の中で一番古いものかもしれない・・・。
ネガフィルムを使用しており、写真を撮りにではなく、山歩きに夢中になっていたころのもの。
山歩きの楽しさを思い出させてくれる・・・。

休息はここで

DSC_7890a_convert_20200603100647.jpg
急ぎ足でここまでやってきた
燧ケ岳もはるかに遠い
ここは山の鼻自然研究園
尾瀬ヶ原からの出口だ
山小屋で用意して頂いた弁当を広げ、朝食をとる
今回の撮影行を振り返りながら・・・
さあ、あとは、峠を目指して直登だ
予定のバスの出発時刻に遅れないように・・・
                (山の鼻自然園にて:NIKON D610 AF-S NIKKOR f/4G ED VR)

ここは尾瀬ヶ原への入山時、下山時に必ず立ち寄る場所。休息のために・・・。
景色も良く、良い撮影場所になると思うのだが、せっかくここまで来たのだから・・・。ここだけで済ますのはもったいない気がして・・・。つい先まで行ってしまう・・・。
いつかここをメインの撮影場所としてじっくりと時間をかけてみたい。

アジサイ

DSC_5687a_convert_20200603094317.jpg
梅雨の花といえば紫陽花
色が青から赤紫へ変化することから「七変化」ともいうらしい
子供のころ見た紫陽花は
農家の庭の片隅に咲いていた
花は、青一色で清楚、しかも飾らない質素な美しさがあった
それこそが雨に似合う紫陽花だった
今の紫陽花は、色も豊富で華やかな美しさがある
それこそ「八変化」、「十変化」・・・?
ともいえそうだ

雨の季節がやってきた

Image7 c
今朝は雨模様
雨雲が低く、湿原を掃くように棚引く
水芭蕉は、水の流れの中に咲いている
水路の行方がおもしろい
湿原の緑が日増しに濃くなる
雨の季節がやってきた
                        中田代にて(銀塩写真:NIKON FE2 ネガフィルム)
手元にある写真で一番古いものの一つ。
撮影技術の未熟さもあると思うが、ネガフィルムを使用しデジタル化しているためか画質が良くない。

振り返ると

DSC_7873_convert_20200425100233.jpg
足を止め、振り返る
朝の陽光に燧ケ岳は陰姿
池塘の水面にその影を映す
静かだ・・・
まだ人影はない
そこにいるのは、早朝の撮影タイムを終えて帰途にある私だけ・・・
これから撮る写真は、おまけだ・・・
まもなく入山してくる大勢のハイカーとすれ違うだろう・・・ 
                                   (上田代にて:NIKON D610 AF-S 24-120mm f/4G ED VR)

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR