池水に影を落として


             池水に影さへ見えて咲き誇る
             桜花、水面も満開だ・・・
                        (新宿御苑にて:Nikon F100 ヴェルビア)
スポンサーサイト



見上げてみると


桜は、遠くからそして上から眺めるときれいだという。前回掲出の枝垂桜を敢えて内側から見上げてみた・・・。
青空を背景に花びらがうきあがる。幹に移る影も面白い・・・

                           (新宿御苑にて:Nikon D300)

枝垂桜


都心の桜はもう満開を過ぎようとしている。この時期、新宿御苑を訪れるのも楽しみだったのだが・・・

新宿御苑。桜の便りが届くとまず想うのが日本庭園の向こう側にあるこの枝垂桜である。ソメイヨシノが開花の便りを告げるころ、こちらは満開を迎える。
今年はコロナ禍、訪れることはできなかったが、優美な姿を見せたに違いない・・・
                             (新宿御苑にて:Nikon D800E)

トラフズク(大欠伸 or 擬態?)


10日間あるいはそれ以上通っただろうか。そんなある日、
現場に着くと、いきなり目を開けた。かと思うと、片方の翼を伸ばし、体が見る見るうちに細くなり長さが2倍にも3倍にもなったように見えた。画面からはみ出してしまうのではないか・・・。そんな心配をするほどだった。
同時に 片足を止まり木から離し、顔を背け、口を開け・・・。
大欠伸だ⁉
ほんのわずかな時間だったように思う。一連のパフォーマンスが終わるといつもの様にじっとして動かなくなった・・・。

ところが昨日トラフズクについて調べてみると、上記の行動は木の枝に見せかける擬態だというのである。木で休んでいるとき敵が近づくと上記と全く同じ行動をとると記されている。はたして大欠伸なのか擬態なのか・・・.。10年間も思い違いをしていたということなのか・・・?(この段落3行は今日慌てて書き加えました)

(記録を見ると10年も前の出来事です。それ以来野鳥撮影をしたことはありません。最近、皆さんのブログを拝見し勉強になることも多く、なんとなく自分なりの野鳥撮影のイメージがわいてきたようにも思うのですが・・・?)
                           (いつもの散歩道にて:Nikon D300)

トラフズク(居眠り)


多くのカメラマンに交じってカメラを構える。
野鳥撮影の知識がない小生は、取り敢えず「大きく目を開けた時を狙ってシャッターを切ろう」、それだけを目標に身構えたのだが・・・。
だが、いくら待っても小枝のトラフズクは目を閉じたまま・・・。1時間待っても2時間待っても・・・。
その日はそのまま帰る。
収穫がない日が何日も続く・・・。5日も10日も・・・。
仕方なく居眠り姿を撮る(2011.2.13)
                             (多摩川河川敷にて:Nikon D300)                       

トラフズク(越冬)

トラフズクが多摩川河川敷で越冬したことがあった。11月後半から2月一杯くらいだっただろうか。新聞でも報道され、近県からもカメラマンがやってきた。
(時期がずれていますが、3回にわたって掲出予定です。)

話題に乗り遅れまいと野鳥を撮った経験がない小生もカメラを携え現場へ・・・。
10日間くらい通っただろうか・・・
カラス以外こんなに大きな野鳥を身近に見たこともない・・・
図鑑でしか見られない野鳥がいる・・・。それだけで非日常の光景だ・・・。
だが、野鳥撮影の経験はない・・・。どう撮ったらいいのか全く分からない・・・
とにかくシャッターを切った(2011.1.21)
                 (いつもの散歩道にて:Nikon D300)

影富士現る


前回掲出(昨年撮影)写真の続きです。

太陽が見事な光のショー(ダイヤモンド富士)を演出して完全に富士山の向こう側に沈むと影富士が現れた(20.2.23撮影)。
その影は次第に大きくなり広がっていった。やがてその影も薄くなり夕空の中に吸い込まれていった。
濃い茜色の空を背景に富士山のシルエットが浮き上がりいつまでも印象的だった・・・
                           (いつもの散歩道にて:Nikon D800E)

富士山の日に輝く


いよいよ今日は富士山の日(2.23)。残念ながら雲が多くダイヤモンド富士は見られない。
この写真は昨年の富士山の日(20.2.23)に撮影したもの(プロフィール写真)と同じ。
まさに富士山の日に輝くダイヤモンド富士だ!
次は、今年の秋もまた楽しみだ・・・
                   (いつもの散歩道にて:Nikon D800E)

ダイヤモンド富士へ

DSC_0410abc_convert_20210227103023.jpg
富士山の日(2.23)のダイヤモンド富士撮影に向けロケハンをした。今日はまだ2月19日なので、お目当ての場所より北のほうへ行ってみた。まだ少し早い。ここでのベストは明日か明後日か? 
                     (いつもの散歩道にて:Nikon Z50 Z50-250mm)

この辺りでは、2月20日前後の数日間にダイヤモンド富士がみられるスポットがいくつかあります。人工物が沢山あるので広い風景は撮れませんが・・・。最終は富士山の日(2.23)です。既出のブログ「大山に沈む」は2月11日に撮影したものです。ブログアップの都合上一ヶ月遅れとなっています。皆様にはご承知いただき、ご覧いただければ嬉しいです。

二つの空の下で


雲が大空を二分する
それぞれの空の下、それぞれの人々の暮らしを想像させる
今日の夕景は面白い。
                   (いつもの散歩道にて:Nikon D300 AF-S Nikkor 27-70mm F2.8)

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR