朝の飛翔 

P1090486a 朝の飛翔秋 毎朝カワウが大集団を成し 多摩川上空を上流に向かって飛ぶ 
そして 数時間後に 戻ってくる
秋の風物詩だ・・・
                           (いつもの散歩道にて: Panasonic GMC-G3)

 
スポンサーサイト



満月沈む刻

満月が ビーナスベルトを背景に 沈もうとしている
間もなく日の出の刻 富士山にはもう陽が射し始めている
今日一日が始まる                 (いつもの散歩道にて)
(この時季 空気が澄み、日の出前や日没後の空がきれいだ。ビーナスベルトに染まる一瞬を切り取ってみた)

モルゲンロートを映して

DSC_6138a_convert_20211123110102.jpg景鶴山が朝の陽光に映える  
風もなく池塘は鏡の様
水面もまた景鶴山を映す              (中田代にて 午前6時7分撮影)
(これまで北アルプス、尾瀬の画像を掲出させていただきましたが、時季も大分ずれてきましたのでこの画像をもって今年の山の写真は終わりにしたいと思います(冬山には行きませんので)。ご訪問いただきありがとうございました。今後は、散歩写真など身近な画像をと考えております)

お天道様は 芸術家

7時56分撮影  
上田代にやってきた
「あっつ、木道に彫刻が?・・・」。
笹の葉にわずかに残る霜の痕跡。だが、木道は笹の日陰の部分だけ霜が解けず残っている。
お日様の仕業だ( ^ω^)・・・。見事だ! お天道様は正に芸術家だ

霧氷 宝飾の煌めき

午前6時43分撮影  
霧氷の草原が陽光に煌めく
赤 黄 青・・・
まるで 宝石を散りばめたよう・・・

霧氷 融け落ちる瞬間

午前6時17分撮影  「あっつ、霧氷が落ちていく‼・・・」DSC_6266a_convert_20211116154145.jpg陽が射し始め 霧氷が溶け始めた?・・・
この氷りの棘も まもなく全て溶け、いつもの湿原に戻るだろう
                           (中田代にて:Nikon D610)

霧氷の世界

午前6時14分撮影  
少し移動し 小さな藪へやってきた
すべての草木は氷の棘で覆われている 葉も 枝も 幹も・・・
霧氷の世界だ⁉
                              (中田代にて:Nikon D610)

白銀の世界へ

DSC_6125as_convert_20211115153138.jpg午前6時撮影  小屋を出て驚いた 一面真っ白 白い世界だ‼
僅か2時間余で 世界が一変した‼
夜露が凍結したのか 霜が降りたのか・・・⁉
至仏山に陽が射し始め 池塘はその影を映す
湿原は まもなく 朝の陽光に 一層 光り輝くだろう・・・
白銀の世界へと・・・
                           (中田代にて:Nikon D610)

満月沈む刻(とき)

午前3時45分撮影 (前掲出画像から約半月後のもの、晩秋の尾瀬です。数回にわたり載せたいと思います)
満月が山の端に沈もうとしている  星も残る
池塘は輝き 朝霧も発生し始めた
降りた夜露が 湿原を濡らし 画面手前では月光に煌めく
                           (尾瀬ヶ原 中田代にて:Nikon D610)
寒さに耐えきれず、いったん山小屋へ戻る。この後湿原は絶景に・・・
 

星と 夕焼けと ビルの灯りと

output_comp秋の夕暮れ_convert_2021110114341610月9日の夕景です。
久しぶりに快晴のままの日没。高層ビルの上空には星が一つ輝く。西の空にはまだ茜色が残る。高層ビルには灯りがともる。
欲張って富士山まで構図に含めたため、空のスペースが大きくなり過ぎた。そこで星の光跡を入れ 変化を付けてみた(特別に 意味はありません)。

                           (いつもの散歩道にて: Nikon Z50)

 

プロフィール

SENSE

Author:SENSE
FC2ブログへようこそ!
 尾瀬、北アルプスが好きで、学生時代から山歩きを楽しんできました。いつの日かカメラを携行するようになり、写真撮影の楽しさを知りました。
 写真を撮る楽しさを、悦びを皆様と分かち合えるようなブログになれば・・・。
 よろしくお願いいたします。

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR